日々の暮らしを綴ってます♪ by sonopi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
about
meili_thc こと sonopi の日々の記録を綴ってます。
好きなこと:手作り、自転車(ポタリング)、寺社仏閣巡りなど・・・。


N+手作りのある暮らし

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ハンドメイド ブログランキング






カテゴリ
春の旅行2016(後編):奥伊勢、熊野古道 (三瀬坂峠→滝原宮)
朝から良いお天気!

今日は、熊野古道を歩いてみることにしました!
今回初めて知ったのですが、
熊野古道とは、紀伊半島南部にある熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)と、伊勢や大阪・和歌山、高野及び吉野とを結ぶ古い街道の総称で、範囲は広く、伊勢路のほか、紀伊路、小辺路、中辺路、大辺路と、5つの道があります。
初めての熊野古道 「伊勢路を歩く」 より


ということで、その中の伊勢路(三瀬坂峠コース)を歩いてみることにしました。

あらかじめ宿の方と相談して、出発点まで送ってもらうことになりました。
出発場所から細い道を下っていくと、由緒ある御宮:多岐原神社がすぐ側に建っていました。
d0006323_16433379.jpg
d0006323_1644588.jpg
この多岐原神社の起源を、マンガで解説していました。
d0006323_17425647.jpg

① 2千年程昔、第11代垂仁天皇の第4皇女・倭姫命(やまとひめのみこと)が、天照大神のつかいの者として、ご鎮座する土地を求めて、大和から伊勢方面へ旅をしていました。
② 旅の途中、流れの速い宮川が渡れず困っていたところ、近くに住んでいた真奈胡神(まなこのかみ)がお出迎えをして、川を渡してあげました。
③ 倭姫命は真奈胡神の案内で、三瀬坂峠を越えて、祝詞山の頂上に立ちました。
  倭姫命「この美しい土地の名前は何ですか?」 真奈胡神「ここは大河の瀧原の国でございます」
④ 倭姫命はこの美しい土地を天照大神の鎮座する地に決めました。それが、瀧原宮の起源です。
尚、多岐原神社は、倭姫命が定め、真奈胡神を祀った神社です。


d0006323_2343567.jpgお参りして、元の道から別の細い道へ入りました。直に山道となり、石段がある道に。落ち葉で覆われて滑りやすくなってるし、勾配も急な場所も。家族のお荷物になりながらも上りました。
何とか峠に到着! 昔は茶店があったようです。下りは少しゆとりを持って降りることができました。木立の中から差し込む日差しや、鳥の声、風の音がとても気持ち良かったです。
d0006323_23445730.jpgd0006323_23481764.jpgd0006323_23492046.jpgd0006323_23505913.jpgd0006323_23513366.jpgd0006323_23503387.jpgd0006323_23515834.jpg

d0006323_23522784.jpg
d0006323_2353295.jpgd0006323_23532874.jpgd0006323_2354055.jpgd0006323_23541846.jpg滝原宮は、第3の伊勢神宮と呼ばれるほどの場所(宿の方のお話から)だとか・・・。峠を下って、しばらく街道を歩いていると、自然いっぱいの静まり返った雰囲気の場所に入りました。
人気も少なく、本当に神聖さが伝わってくるようなところです。 有名な内宮・外宮の雰囲気も好きですが、こちらの雰囲気は、さらに清々しさを感じられる場所で、とても良かったです。

今回の散策は私の独断で決めたのですが、意外にも夫も子供も楽しそうで! 特にSugarは、こういう自然の古来の道がとても興味深かったのだとか。歴女だからでしょうか・・・? 家族の意外な一面でした。




d0006323_02523703.jpg

側の道の駅で食事をして、以後の予定を決めていなかったのですが…。観光マップにあった、洞窟へ行ってみようということになりました。 下調べを慌ててしてみるものの、あまり情報がなく・・・。ちょっと不安になります。場所もとてもわかりずらく、何度も迷
ってしまいましたが、街道から横道に入ると、どんどん山奥へ。岩がごろごろしているような場所で、不安がますます募ります。
d0006323_02530178.jpg

10数分して到着! 水が湧き出ているとても綺麗な場所ですが、歩道がさびれていて・・・。




調べてみると以前は、あじさいの道として、とてもにぎやかに整えられていたようですが、シカ害であじさいが全滅してしまったそうです・・・。残念ながら、その役目を終えてしまい、今は整備されていないようでした。ちょっと悲しいですね・・・。

d0006323_02532005.jpg

風穴があり入ってみましたが、設置されたライトが壊れていて、奥はつかず。 こうもりや虫がすごかったみたいで(私は見れなかった^^;)、奥の部屋には入れませんでした(>_<) (今思うと、勇気持って入っていれば!と思うのですが・・・) 私達にとっては、とても貴重な体験となりました!





d0006323_02542147.jpg
d0006323_02535379.jpg


[PR]
by meili_thc | 2016-03-31 23:07 | going out | Comments(0)
<< さくら餅 春の旅行2016(前編):伊勢神宮 >>