日々の暮らしを綴ってます♪ by sonopi
about
meili_thc こと sonopi の日々の記録を綴ってます。
好きなこと:手作り、自転車(ポタリング)、寺社仏閣巡りなど・・・。


N+手作りのある暮らし

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ハンドメイド ブログランキング






カテゴリ
<   2006年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
純情きらり 最終回!
NHK朝ドラ、純情きらりがとうとう終わってしまいましたね・・・。

主人公の桜子が最期を病院で・・・という結末は、ちょっと信じがたくって。悲しかったです・・・。だって、今まで散々苦労してきたのに。やっとこれから幸せになれるというのに。
でも人生ってこういうものかも。
特に戦前生まれの人は、生活の上でも、電気や水道もなく、何でも自分でやらなくてはならなかったし、病気をしても医療もそんなに発達していなかったわけだし。いつも生きることと死ぬことが隣り合わせだったはずです。
だからその頃の人生だったら、桜子のような生き方の女性が少なくなかったと思います。
でもやっぱり・・・達彦さんと輝一ちゃんとの3人の幸せに生活している姿を見たかったな・・・。

ちなみに、私が考えた結末は、結核の治療薬が開発され、日本でも導入されたので、桜子もその治療をしていくうちに元気を取り戻し、数年後の松井家の幸せな姿が映し出されるという最後だったんですけどね・・・(笑)
せつないですね・・・。

純情きらり」面白かったけど、やっぱり朝ドラはHAPPY ENDが良いな~。
今まで見た中で、一番好きなのは、「ちゅらさん」です!
[PR]
by meili_thc | 2006-09-30 21:40 | books&TV | Comments(2)
ローズ柄エプロン
料理教室の参加のために、バラ柄のエプロンを作りました。d0006323_1983757.jpg
この綿麻の生地を手に取ったとき、手描きの柄がとっても可愛いくて、衝動買い! けど、何に使おう??とずっと悩んでいました。一番の候補はエプロンかな?大柄だから、どう柄を活かしたら良いのかな?って。
結局、タブリエ風のエプロンにしました。手持ちの細かなギンガムを合わせてみたら、ちょっと子供っぽくなちゃったかも。でも私には、エレガントすぎなくてこの方が良いかもしれませんね。ハギレを活かしたくて、ポケットの柄あわせも出来ていませんが、まあ良い感じです。 早速、料理教室で身に着けました。

【cloth】:大塚屋など
【pattern】:『ミセスのスタイルブック2000 盛夏号』
[PR]
by meili_thc | 2006-09-29 07:59 | handmade | Comments(2)
料理講座
料理教室があり、参加してきました。
子どもは託児へ預けることができます。「あっちのお部屋でおやつ作ってくるからね」と説明すると、Saltは最初嫌がっていましたが、おもちゃにつられて遊んでいました。

今日のメニューは豆腐白玉クリームチーズ入りパウンドケーキです。早速調理開始となりました。普段、キッチン仕事は苦手だけど、こういうところだと結構はりきっちゃうんですよね~・・・。やっぱり皆でやるからでしょうか?
6名で一つの調理台を使います。今回は私一人で参加していたので、ちょっと不安だったのですが、すぐに和気あいあいとした雰囲気になりました。ご近所の方もいらしたり、入園で一緒になりそうな方もいらしたり、話も弾んで楽しかったです。

できた2品がこちら! 
d0006323_1971584.jpgd0006323_1973039.jpg

白玉は、豆腐が入っているせいか、普通の白玉よりもっちりした感じが美味しかったです。黒ゴマソースも美味しかったのですが、子どもはどうかな~?
パウンドケーキは、クリームチーズの風味がまた良くって、通常のパウンドよりしっとりしています。家族はチーズ好きなので、ぜひ作ってみたいな。

講師の方は、大学の先生をしていらっしゃるということで、調理の後、食育の話もして下さいました。その中で、
父母やその他の保護者は、家庭が食育において重要な役割を果たしていることを認識してください

と、強調されていました。(最近、まともな食事が作れていない私にはかなりぐさっと突き刺さりました~(>_<))
おそらく、今多いネグレクトのことを言いたかったのだと思います。

先生が調査した結果によると、教えている大学生も子育てしている母親も食の思い出というのは、子ども時代に体験した良い思い出が多いそうです。逆に、負の思い出は給食というのが多いそうですが・・・。

改めて、食の重要さに痛感させられました・・・。私にとっては、毎日、そして3食のことだけにしんどいという思いが強いのですが。自分の食に対する姿勢を見直さないといけないな・・・と感じました。
[PR]
by meili_thc | 2006-09-28 19:07 | cooking | Comments(4)
おむつポーチ
d0006323_17135764.jpgPeachmadeさんの型紙で作りました。
何の生地を使おうか迷った挙句に、表地は麻を使いました。裏地はコットンギンガムチェック。縁取りは草色のギンガムに。いつも感じることですが、柄あわせって本当に難しい・・・。
芯貼りではあたりが出てしまうし、裁断もずれてしまっていたり、と失敗作になってしまいました。やっぱり小物って難しいです。中のポケットは、中央にステッチを入れました。C&Sさんのタグを使いました。せっかく作ったので、大事に使います。芯を変えて、再チャレンジしようっと!

【cloth】CHECK&STRIPE、Ruan、大塚屋
【pattern】Peachmade
[PR]
by meili_thc | 2006-09-25 17:11 | handmade | Comments(4)
純情きらりの郷
d0006323_155223.jpg
純情きらりのロケ地ともなった、岡崎にある八丁味噌の郷を訪ねて来ました。カクキュウさんの工場内に見学施設が設けられています。駐車場がいっぱいでしたが、何とか停めることができました。ナンバーを見たら、周辺地域のみならず、関東や関西などからもいらしている方もおり、テレビの効果を感じました。
d0006323_1552771.jpg
工場見学の申し込みをすると、八丁味噌をお土産にもらえます。
30分間隔で受け付けをしていたのですが、見学人数も大勢になりました。由緒ある施設や展示館、味噌蔵などを見て廻りました。味噌樽の大きさにはびっくり! 木で組まれているのに、隙間ない作りの精巧さにも驚きました。純情きらりのHPにもありましたが、樽の箍が鉄製の物が多いのですが、いくつか竹で囲まれたものを発見! 撮影で使われたんだろうな~と感じました。なぜ八丁というのかというと、岡崎城から八帖離れたところにあるからだとか。なるほど~!


d0006323_1562066.jpgd0006323_1563248.jpg


左:史料館内 右:味噌蔵


d0006323_1564545.jpg
d0006323_158167.jpg


左:味噌樽が外に干してありました。大っきい!!
右:大豆を煮る釜です。


d0006323_1582592.jpg
(大豆を煮るときの蒸気で、味噌の発酵が進むように工夫された天井→)
こちらを訪ねてくる際に、「山長さんはどこですか?」とか、「達彦さんは何代目ですか?」という質問をされる方がいらっしゃるというガイドさんの言葉には、笑えました!
職人さんの仕事場が垣間見れて、興味深かったです。
d0006323_15812.jpg
(←撮影で使われた看板)
その後、こちらの近くに住んでいる知人に会いました。学生時代の先輩夫婦。久しぶりだったけど、ぜんぜん変わってなくて、嬉しかったです。こうやって知り合いの方を訪ね歩くのも良いですね~。貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました!
最後は子供たちも一緒に遊んで、楽しい1日となりました。
[PR]
by meili_thc | 2006-09-17 16:45 | going out | Comments(0)
待ちわびたこの日!
ちょっと大げさなタイトルかもしれませんが、全国の「純情きらり」ファンが一番待ち望んでいた場面ではないでしょうか? 私も何度も見て、泣いてしまいました!
達彦さん、桜子ちゃん、ご結婚おめでとう!!!!! 今までの二人の純粋な気持ちがやっとつながって、私までHAPPYな気持ちになりました。
本当に二人ともいろんな困難があったもんねー!

でも、やっぱりこのドラマを見ていると、このお話上ではドラマだけれど・・・。実際あったことなんだ、達彦さんと桜子ちゃんのようになれなかった人もいっぱいいるんだ、って思っちゃうのです。やっぱり戦争という事実を忘れてはいけないと改めて思います。

夜、NHKで60年前の教育実習生と教え子が、老いてから文通をするようになり、再会を果たした、あの夏~60年目の恋文~という番組をドキュメンタリーのようなドラマのような、ちょっと不思議な構成でやっていました。
「あの昭和19年の夏……あれほどまでに恋い焦がれていた少年のいたことを、素直に受け止めていただきたいと思うのです。」 (岩佐寿弥・70歳)

「この時間がいつまでも続けばいいのに、という思いに駆られ、ゆっくり、ていねいに拝読しました。60年がひといきに巻き返されて、息も詰まりそうになります。」 (川口汐子・80歳)

 太平洋戦争末期、男は奈良の国民学校4年生、女は教育実習生だった。2人は戦後60年の時空を経てたぐり寄せられ、不思議な往復書簡が始まる。そして、2人は戦時下で行われた希有な教育の記憶を呼び起こしていく。
 昨年出版された往復書簡集「あの夏、少年はいた」をベースにドキュメンタリーとドラマを交錯させて描く不思議な愛の物語。 (NHK HPより)

それこそ、60年前の戦中のお話。だけれど、先生とその生徒との間には、戦争を感じさせないようなとても純粋な気持ちで学校生活を楽しんでいて、本当に「純情きらり」を思わせるような内容でとても心温まるような、淡い恋心のような、くすぐったい気持ちを誘い出してくれました。未だに純粋な気持ちでつながっていられるというのは、すごい!と思いました。
私がもし老いたら、あんな素敵な文章表現できるのかな?って思うような、年輪を思わせるような手紙。でも、そこにはゆらぎのない純粋さがあって、本人も言っていたけれど、自分達が老いていることを感じさせないような雰囲気。
素敵だな~と思いました。

あんな純粋な気持ちをいつまでも持てたら、良いですね♪
[PR]
by meili_thc | 2006-09-16 23:27 | books&TV | Comments(2)
中央道の多重衝突事故
昨晩起きた中央自動車道での事故は、ショッキングな出来事でした。事故が多発している場所とはいえ、私達も帰省時によく使っている道だったからです。
確かにあの辺りは、谷間の町なので、アップダウンが激しい地域です。だから高速道路を作るのも困難だったのでは?ということが想像できます。そして、夜間といえば、ETCの深夜割が使える時間帯。私たちもよくそれを利用して帰省しますが、確かにトラックが大変多いのです。そして、見通しが悪い夜、雨が降っている路面・・・、悪条件が重なっての事故だったようですね・・・。
事故が多かったので、改善もしていたにも関わらず、起きてしまった大事故。
亡くなられた方々には、謹んでご冥福をお祈りいたします。どうかこの尊い命を無にしないで欲しい。新たな対策をして頂きたいです。

最近、交通事故が大変多いですよね・・・。
いつ自分も加害者、被害者になるかわからない。今回の事故は、そんなことを肝に銘じさせました。
[PR]
by meili_thc | 2006-09-15 01:17 | etc | Comments(0)
中国語レッスン(9月1回)
とうとうsatoが音を上げてしまいました。久しぶりの「幼稚園行きたくない病」。ここのところ、お友達との関係が上手くいってないみたいで、心配していたのですが・・・。最近、頑張って幼稚園も通っていたので、今日はお休みさせることにしました。

ということで、中国語へは子ども二人連れて行ってきました。
最初は、夏休みもはさんで久しぶりだったこともあり、先生のお子さんとも打ち解けませんでしたが、最後は仲良く遊んでいました。satoにとっても、少し気分転換になったようです。

今日は復習を兼ねた書き取りと、中国に関する雑談。あとクイズをやりました。中国名から会社や商品の日本名を当てる問題です。発音や漢字を見ていると、結構わかる物もあります。漢字は、中国と日本の貴重な共通点ですね!
皆さんもよかったら、やってみてください。

1. 欧米加 [ou1mi3jia1]     (スイスの企業)
2. 可果美 [ke3guo3mei3]   (日本の食品企業)
3. 可尔必思[ke3er3bi4si1]   (日本の食品商品の名前)
4. 龟甲万[gui1jia3wan4]    (日本の食品企業)
5. 凯洛格[kai3luo4ge2] (アメリカの食品商品の名前)
6. 三得利[san1de2li4]      (日本の酒類企業)
7. 三里[san1li3]          (日本のお店)
8. 大荣[da4rong2]        (日本の企業)
9. 大发[da4fa1]          (日本の自動車メーカー)
10. 蛇眼缝纫机[she2yan3feng1ren4ji1] (日本の企業・・・洋裁に関係あり!)

※ 発音の後の数字は四声です。

答えはこちらから・・・
[PR]
by meili_thc | 2006-09-14 23:09 | study | Comments(0)
ドットのチュニックドレス
d0006323_12593982.jpg
先日、プレゼント企画で頂いた布を使って作りました。とても肌触りが良く可愛い、ダブルガーゼの生地です。 ポケットがとても可愛い月居良子さんの本からパターンを頂きましたが、そのポケットのバランスをとるのが難しかったです。フリルやパイピングは生地の裏を使って、アクセントになりました。でもダブルガーゼは、バイアスを作るのが難しいです。アイロンが上手くかからなず、苦戦しました(泣)。 後ろはあきがあり、リボンで結ぶ形。着心地も良いみたい♪ Sugarもとっても気に入ってくれたのですが、ただちょっと大きかったみたいです(^^;) あっ、お花をつけ忘れた~! また後日直してアップしますね。

【cloth】Thanks for "ivory"-cocco
【pattern】『おんなのこの服 てづくりの服』
おんなのこの服、てづくりの服
月居 良子 H.H. / 文化出版局

月居さんの本は、シンプルだけど、ちょっとデザインが凝っていたり、応用できるところが好きです。
[PR]
by meili_thc | 2006-09-11 12:54 | handmade | Comments(3)
Good Job!! おばちゃん!
夫とSugarが実家に帰っていたので、どこかへ出かけようと思っていたら、ちょうどお友達からのお誘いが! 電車で遊びに行くことにしました。
お店に着いて、エスカレーターを上ろうと友達が子どもを抱いたところ、靴が落ちちゃったのです。既にエスカレーターに乗っていたため、遠くなっていく靴を眺めていたら、それを見つけたおばちゃんが拾ってくれて。エスカレーターに乗って、届けてくれるのかな?と思っていたら、なんと、エスカレーターの手すりにその靴を乗せたのです!! ずっと見ていたら、見事靴は落ちもせずに、私たちが待つ2階まで届きました。なんて機転が利くおばちゃんなんだ~~!と感動!! "グッジョブ!"って一言伝えたかったです(笑)

その後、Saltのわがままに振り回されながらも、遊び場で遊んだり、ちょっとショッピングも出来て、楽しかったです。トーカイの割引が来てたので、また布を買ってしまった・・・。
また遊びに行こうね!

d0006323_1249228.jpg
[PR]
by meili_thc | 2006-09-09 00:39 | going out | Comments(0)