日々の暮らしを綴ってます♪ by sonopi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
about
meili_thc こと sonopi の日常を綴ってます。手作りと子供のこと、など。

N+手作りのある暮らし

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

にほんブログ村 子育てブログへ


ハンドメイド ブログランキング






カテゴリ
<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
春の旅行(天橋立→舞鶴・小浜)
朝起きたら、昨日とは違って、澄んだお天気!

朝食前に、パンフレットの道を参考にお散歩。
昔の家並みやお寺を散策しました。

朝食後、宿を出発、カトリック宮津教会へ行ってみました。
d0006323_13402419.jpgd0006323_13403467.jpg

日本で二番目に古い天主堂だそう。明治29年建築。歴史ある教会は、木造。中はとても重厚感がある素敵な造りです。5分咲きでしたが、桜の花も綺麗でした。


d0006323_13422697.jpgその後、天橋立をバックに、西方面へ向かいます。海と緑と空のコントラストがとても綺麗でした。



途中、造り酒屋さんがあると聞いて、立ち寄りました。
ハクレイ酒造さん。予約すれば、中を見学できるそうです。
d0006323_1345322.jpgd0006323_13432351.jpgお酒の匂いが微かにする店内。お店の至る所から、歴史を感じるお店ですね。麹や酒粕、スパークリングの日本酒を購入。

傍のケーキ屋さんでも、ちょっと休憩。
私は、甘酒プリンを食べました。ほのかに、お酒の味でヨーグルトのようなふわとろ食感。おいしかった!(ただ、お酒に弱い私、ちょっと酔いました^^;)
d0006323_13463223.jpgd0006323_13473779.jpg




その後、舞鶴の街へ。多くの軍艦が目に入り、びっくり。戦後まで、軍港として栄えた場所とは全く知りませんでした。趣ある赤レンガ倉庫や周辺を見学。
d0006323_13492765.jpgd0006323_13494733.jpg

d0006323_1356566.jpgお昼は、夫がタウン誌で見つけたパスタ屋さんへ。
入ってみると、とても人気があるのか、大勢の人で賑わっていて、生パスタもトーストも美味しかったです!



そこから、舞鶴引揚記念館へ。NHKこころ旅の番組で紹介されていて、大変興味がありました。
d0006323_140980.jpgd0006323_142136.jpg抑留の生活は、想像を越える程に辛かったことでしょう。展示物がとてもリアリティーがありました。実際の港は今は木材加工所になっていましたが、どんな思いで日本の地に足を踏み入れたのでしょうか。


またしばらく車を走らせ、小浜市へ。観光には時間切れでしたが、ある洞が見たくて。
d0006323_1431688.jpg
昔、ある女性が人魚の肉を食べた所、全く年を取らずに、八百才まで生きたそうです。
全国を訪れ、その場所に椿を植えたそう。その八百比丘尼が最後にこもった洞窟だそうです。
空印寺の入口にあります。

日本の昔ばなしを子供と一緒に見ているのですが、最近、その話の所縁の地に興味があるんです♪


そして、福井を後にし、滋賀県へ入りました。
[PR]
by meili_thc | 2014-03-31 23:14 | going out | Comments(0)
春の旅行(京都・天橋立)
楽しみにしていた旅行の日!
ですが、朝から春の嵐でひどい降りでした。ワイパーをかなり早く動かさないと、先が見えないくらい。
運転手さんは大変でしたが、何とか無事予定どおりに、天の橋立に到着!
その昔、天への架け橋といわれてました天橋立はイザナギ、イザナミ の神が天への上り下りに使われた浮き橋であると言われ、ある日イザナギノミコトが昼寝を している間に倒れて天橋立となったという神話が残っています。


とりあえずお昼に海鮮の御飯を美味しく頂きました。
d0006323_1742405.jpgd0006323_1743067.jpg

その後はツアーに参加。駅に集合し、天橋立を両側から眺望します。
まず、リフトに乗り、ビューランドへ。ここからの天橋立は、「飛龍観」と呼ばれているそうです。d0006323_17451235.jpgd0006323_1831578.jpg

曇り空でしたが、そこから見る天橋立は見事でした! さすが日本三景、大感動!!(これで三景制覇、できました)
逆さまに見ると、天にかかるように見える、なんて、すごい思い付きだなぁ。
d0006323_17464685.jpg
d0006323_17552144.jpg


山を降りて、智恩寺をお参り。日本三文殊で有名なお寺。日本の国土創生の時、この地で暴れていた悪龍を鎮めるため、智恵第一の仏様「文殊菩薩様」を招請され、悪龍を教化されたと伝えられています。

d0006323_21423321.jpg

普通、松葉は2本なのに、ここの松は3本のがあると教えてくれました。他、2景(松島・宮島)の松も植えられています。

天橋立の砂浜がすごく綺麗。夏は海水浴で賑わうそう。水も澄んでいて、気持ち良いだろうな〜
d0006323_21272753.jpg

続いて、遊覧船へ。向こう岸へ渡りますが、雨が本降りになってしまいました。
乗船直後、橋が旋回。貴重な場面を写真に収められました。
d0006323_21302890.jpg
d0006323_21281910.jpg


船を降りると、籠神社が見えてきました。(なんと、719年創建!)伊勢神宮の神々がこの地から移られたと言われているそうです。
d0006323_21311120.jpgd0006323_2131382.jpg


今度はケーブルカーに乗り、傘松公園へ。こちらからは「昇龍観」という、また違った天橋立を見ることができましたが、正直雨が強くて、残念。
d0006323_8361131.jpg



さらにバスで、細い山道を行き、成相寺へ。
一人の僧が雪深い山の草庵に篭って修業中深雪の為、食糧も絶え何一つ食べる物もなくなり、餓死寸前となりました。死を予感した憎は「今日一日生きる食物をお恵み下さい」と本尊に祈りました。
すると、夢ともうつつとも判らぬ中で堂の外に狼の為傷ついた鹿が倒れているのに気付がつきました。僧として、肉食の禁戒を破る事に思い悩んだが命に変えられず、決心して鹿の腿をそいで鍋に入れて煮て食べました。
やがて雪も消え里人達が登って来て、堂内を見ると本尊の腿が切り取られ鍋の中に木屑が散って居ました。
それを知らされた僧は観昔様が身代リとなって助けてくれた事を悟り、木屑を拾って腿につけると元の通りになりました。此れよりこの寺を願う事成り合う寺、成合(相)寺と名付けました。
d0006323_21362955.jpg
撞かずの鐘” 悲しいお話が残る鐘です。d0006323_21364218.jpg


参拝後、元の道を辿って、ツアーは終了。

その後、伊根の舟屋を見たくて、北へ向かいましたが、観光船に乗らないと、近くには見えないようです。ちらっと伺い、宿へ。

宿は、全部畳敷きで気持ち良かった! 仲居さんも楽しい方達で、のんびりと過ごせました。
[PR]
by meili_thc | 2014-03-30 23:28 | going out | Comments(0)
ソーイングpochee 休刊!
本屋さんへ行き、久しぶりに本を買いたい気分♪ やっぱり洋裁の本を買ってしまいました。

ソーイングポシェ vol.17 (Heart warming life series)

日本ヴォーグ社



久しぶりのソーイングpochee。 洋裁雑誌では、一番気に入っています。
が、今号で休刊だそうです(; ;) すごく残念・・・。

今回は、FU-KO basics.のタックブラウスや、CHECK&STRIPEのワンピースがとても気に入りました。
ワンピースは、ソーイングの日々に載っていた子供のワンピースの大人版だと思います。
SugarとSaltのペアで作ってみたいなぁ☆

ついつい、妄想しちゃいます(笑)
[PR]
by meili_thc | 2014-03-22 23:10 | handmade | Comments(2)
クリームチーズとオレンジピールのカップケーキ
Saltが頑張ってお菓子作りをしました。
(実は14日にも作ったんだけど、失敗しちゃったんだよね…^^;)

前回作った時は、バターが分離しちゃったんだけど、今回は上手く出来たみたい。前回は、バターをきちんと室温に戻さず、クリーム状に練ってなかったのがまずかったかな。
材料を混ぜていくだけなので、小学生でも割と楽に作れたようです。
手を出されたくないようだったので、ほとんど本人任せでした。

焼き時間は、私が管理。170℃で20分でしたが、心配だったので、ちょっと長めに。そしたら、ちょっと焼き過ぎたかも。ちょっと固かった! でも味は美味しかったです^^
チーズとオレンジって、合いますね053.gif
d0006323_16485512.jpg

レシピでは、マンゴーで紹介されていたんだけど、私実は、マンゴーアレルギーかも。口の中が痒くなることがあるのです・・・。マンゴー好きなのに! 最近は、控えてます・・・002.gif

【recipe】 読売クックブック407 チーズのおかず
[PR]
by meili_thc | 2014-03-17 23:38 | cooking | Comments(0)
ヨークスカート
裁断から大分経ってしまいましたが、Sugarのスカートを作りました。
Saltに作ったスカートと同じ生地です。
d0006323_1693173.jpg

カットレース部分をSaltに使ってしまったので、Sugarのは無地。それでは寂しいので、巻きロックしたフリルを表に出し、ポイントにしましたが、結果、縫い方がちょっとややこしかったです。

裏地をヨークにつけてから、ファスナーを縫いつけ、その上から、ギャザーを寄せた下スカートをかぶせました。
ファスナー部分は、手まつりしています。
生地の切り替えで段差がつき、ちょっとファスナーが開きにくくなってしまいました。

d0006323_16101134.jpgd0006323_16113497.jpg

裏地の裾にレースをつけましたが、縁のカットワークが雑で、表地が引っ掛かります。毛足が長い生地だとこうなるんですね。
レース縁をハサミで綺麗に整えたら、収まったようです。

d0006323_16104385.jpgd0006323_16105735.jpg

出来上がった!と思ったら、ウエストがブカブカ!
後ろウエストにゴムを入れて、対処しました。

去年の引いたパターンでしたが、中学生になったら体型が締まったらしい。

裁断したらすぐ作らないといけませんね!

【cloth】 大塚屋
【pattern】 ”ミセスのスタイルブック 2007盛夏号”

ミセスのスタイルブック 2007年 07月号 [雑誌]

文化出版局


[PR]
by meili_thc | 2014-03-04 23:35 | handmade | Comments(0)