日々の暮らしを綴ってます♪ by sonopi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
about
meili_thc こと sonopi の日々の記録を綴ってます。
好きなこと:手作り、自転車(ポタリング)、寺社仏閣巡りなど・・・。


N+手作りのある暮らし

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ハンドメイド ブログランキング






カテゴリ
タグ:寺社・仏閣 ( 7 ) タグの人気記事
合格祈願
今年は、Sugarの高校受験!! 
親としては何もできませんが、せめてと、合格祈願に行ってきました。
d0006323_14555225.jpg

こちらのお寺は、虚空蔵尊と呼ばれ、
虚空蔵菩薩は、この広い宇宙の中で知らぬことは何もないという知恵と福徳のかたまりのような有難い仏様であり、受験生や商店主にとっては誠に頼りがいのある菩薩様である。

なのだそうです。

合格祈願と書かれた、だるまを頂きました。

側に、こんな可愛いだるまのおやつも売ってます^^d0006323_14563256.jpg

受験って正直、精神的に親も辛いですね・・・(--;)  受験生、頑張れっ!!
[PR]
by meili_thc | 2016-01-11 23:44 | children | Comments(0)
法多山
d0006323_14175773.jpg前から行ってみたかった、法多山に行ってきました。

厄除観音 法多山 尊永寺

およそ1290年ほど昔、神亀2年(725年)聖武天皇の勅(みことのり)により行基上人が開山した高野山真言宗別格本山である法多山は、勅願定額寺の列に偶せられ、朝廷、武将の篤信を授け信仰、文化の殿堂として栄えています。(法多山尊永寺HPより)


新年を迎えたばかりなのですごく混雑していましたが、参道からしてとても趣のあるお寺です。
d0006323_1473688.jpg


お寺から団子屋さんへの階段、紅葉がきれいです。
d0006323_14103319.jpgd0006323_14886.jpg


こちらの厄除けだんごがとても有名! 
法多山では、毎年正月江戸幕府の武運長久、天下泰平、五穀成就の祈祷を奉修し、祈祷ご符と当地名産品を献上する習わしであった。十三代将軍家定の頃(1854年)門前に住する寺士八左エ門の発案による観世音名物団子が登城の土産に添えられたを始めとする。将軍家より「くし団子」とご命名賜り以来、一般参拝客の賞味するところとなり、俗に厄除団子と呼ばれ親しまれ今日に至る。
そして五本の串にさした団子は、頭・首・胴体・手・脚を表しており、団子に厄除けの意味を込めた事だと伝えられています。 (法多山名物だんご企業組合HPより)

d0006323_1484023.jpg
あんこの甘さがちょうどよく美味しい*^^*  しっかり厄除けができました!
[PR]
by meili_thc | 2016-01-04 23:43 | going out | Comments(0)
道の駅豊根→元善光寺
ゴールデンウィークに入ったので、いよいよ帰省です!

途中、豊根村の道の駅(グリーンポート豊根)に立ち寄ることにしました。新しく建て替えた建物で、モーニングが食べたかったのです。
駐車場も広く、すっかりみちがえって綺麗になっていました! 中のスタッフさん達も、お揃いのカッコイイ制服で、今風なオシャレな感じです。
d0006323_176397.jpgd0006323_3431965.jpg

素敵なお店でしたが、あの前のお店の、古民家風な感じもちょっと捨てがたかったです。
モーニングの味はそのまま変わらずで、美味しかった。
外のテラスからは景色を眺めながら、食事を摂ることができるようになりました。
d0006323_177588.jpgd0006323_1765053.jpg
とても暑い日でしたが、無事に元善光寺へ。参拝客が多くありました。
d0006323_1785324.jpgd0006323_1783351.jpg
推古天皇十年に信州麻績の里(現在の飯田市座光寺)の住人、本多善光卿が難波の堀から一光三尊の御本尊様をおむかえしたのが元善光寺の起元で、その後皇極天皇元年にその御本尊様は現在の長野市へ遷座され、できたお寺が善光卿の名をとって「善光寺」と名付けられました。それから飯田の方の当山は勅命によって、木彫りで同じ御尊像が残され「元善光寺」と呼ばれるようになりましたが、仏勅によって「毎月半ば十五日間は必ずこの麻績の古里に帰りきて衆生を化益せん」というご誓願を残されたとのことで、長野の善光寺と飯田の元善光寺と両方にお詣りしなければ片詣りと昔から云われるゆえんであります。

善光寺へ行くと、お堂の下の道を通る戒壇巡りが、楽しみです。真っ暗な世界の後の光は、不思議な感じがします。

ご開帳された仏像にも参拝。
遊歩道を回ってみました。のどかな風景が広がります。
d0006323_1793035.jpgd0006323_1794932.jpg

d0006323_1710511.jpgd0006323_3394998.jpg




d0006323_17114390.jpgその後、飯田市内へ。美術館で鑑賞。
d0006323_3402351.jpgd0006323_3405950.jpg
飯田城の門も拝しました。
向かいにある追手門小学校。とても風格のある学校です。
d0006323_17121853.jpg


またゆかりのあるいろんな場所を知ることが出来て、良かったです。
[PR]
by meili_thc | 2015-05-02 23:42 | going out | Comments(0)
ガラスクラフト体験
d0006323_14364367.jpgd0006323_15312790.jpg

先週ひいた風邪もようやく良くなり、新造形創造館でクラフト体験をしてきました。



d0006323_14354919.jpgd0006323_14361140.jpg子供達は、ガラスフュージングで、アクセサリーを作りました。
色ガラスのかけらを好きなデザインに置いて、焼成して出来上がりです!
月の形に色ガラスが映えます。


d0006323_14374265.jpg私はステンドグラスで、クリスマスリースのプレートにチャレンジしました! まず、模られた好きな色ガラスを選びます。それに銅のテープを貼り、はんだ付けしていきます。
体験で一度やったことはありますが、久しぶりのはんだ作業は難しかったです。
d0006323_1438641.jpg均等にはんだを載せたいけど、むらになってしまいました。トコロールという薬品をこまめに塗るのがコツみたい。何とか完成! マンツーマンで教えてもらえて、とても楽しく作業ができました。


d0006323_14431918.jpgd0006323_14434775.jpg

他にも、ガラス細工も出来る工房があるので、次回ぜひやってみたいです。




午後から、紅葉スポットの油山寺に行きました。
里山の風景が広がる道の奥に、ありました。d0006323_14475595.jpgd0006323_1445853.jpg

新年に備えて、〆縄を新しく掛け替えていました。



d0006323_1594436.jpgd0006323_15382454.jpg目のお寺だそうで、そのような展示があったり、大きなお念誦がありました。これを回しながらお願い事をすると、叶うのだそうです。



d0006323_15104285.jpgd0006323_15112599.jpgd0006323_15123269.jpgd0006323_15115324.jpg

紅葉とお寺の風景がマッチして、とても素敵でした。

[PR]
by meili_thc | 2014-11-24 23:27 | going out | Comments(0)
浜名湖ドライブ
朝突然、夫から”今日仕事休み”と言われ、急遽浜名湖へ行くことに。
こんなサプライズは滅多にありません!

d0006323_1556227.jpg
花博の影響か、周辺は観光バスや交通量が多かったです。
観光船がちょうど到着。

次に、舘山寺へ。810年に弘法大師が開いたお寺です。
兵火により焼失したり、廃寺になったりしましたが、明治23年に秋葉寺の出張所として、再興されました。
その際に秋葉三尺坊を舘山寺でも祀ることになり、山号も「中嶺山」(ちゅうれいざん)から「秋葉山」に改め真言宗の伝統を引き継ぎながら曹洞宗の祈願寺として今日に至ります。
d0006323_1556466.jpg
d0006323_155748.jpg


立派な聖観音がありました。
d0006323_15573538.jpgd0006323_15581227.jpg

右の穴大師は・・・
810年に弘法大師が舘山寺を開設された時、修行を行った古墳時代の石室。当時、弘法大師は古墳(横穴式 円墳)の石室を利用し、石室に21日間おこもりになり修行を行いました。その間に石室内で刻んだこの石仏は、そのまま現在に至るまで安置されています。弘法大師の岩穴のいうことで「穴大師」として、1200年の長きに渡り人々に親しまれ、信仰されています。慶長十年(1605年)浄土宗の弾誓上人(たんぜいしょうにん)が、ここで念仏をお唱えしたことが、同上人絵詞伝下に残されています。
心願成就(心からの願いが叶う)と目病平癒(眼の病気が治ること)のご利益があるとされています。

d0006323_12103310.jpg
それから、猪鼻湖の入口へ。こころ旅で紹介されていて、猪鼻湖神社に行きたかったのですが、駐車スペースがよくわからず行けずに残念。でも、橋が渡れて、念願がかないました。


湖西市へ渡り、お昼をイタリアンで。美味しかった!
d0006323_1557577.jpg



弁天島にも行きました。
d0006323_15591133.jpg
d0006323_1632563.jpg


側に行って見ると、やどかりがちょこちょこと動いていました。何気ない行動を眺めてると、面白かったです。

今度は潮干狩りに来てみたいな~
[PR]
by meili_thc | 2014-06-09 23:02 | going out | Comments(0)
春の旅行(琵琶湖→比叡山)
朝起きたら、とても良い天気!
今回泊まった宿は、琵琶湖の目の前。せっかくなので、湖畔を散策。琵琶湖をこんな間近に見たのは初めてでしたが、本当に大きい! さすが、日本一の湖ですね
d0006323_14444857.jpgd0006323_1445072.jpg
水の音も綺麗で静かで、巻き貝を拾いながら、癒されました。



観光したい所は山々ですが、今回は比叡山に決定。
奥比叡ドライブウェイから上がって行きました。
展望台からは琵琶湖が一望、またその大きさを、改めて実感!
d0006323_14454699.jpg




まもなくして、比叡山に着きました。
来て初めて知りましたが、延暦寺は3つのブロックに分かれているのですね。

最初に横川へ。
d0006323_1448113.jpgd0006323_1448492.jpg
定光寺への道は、ちょっと長く、上りはしんどかった~d0006323_14513031.jpg
d0006323_14501068.jpg


西塔
d0006323_14523332.jpgd0006323_14525883.jpg


東塔
d0006323_14541941.jpg
d0006323_15161041.jpg

不滅の法灯も遠くからですが、拝観。 
灯りに油を注ぐのを当番制にすると、油断して火を断ってしまうので、気がついた人が気がついた時に、油を注ぐようにしているそうです。
根本中堂からの階段は、段差がかなり大きくて! 上るのがとても大変でした^^;
d0006323_15334421.jpg文殊楼は、建物の2階に御釈迦様が祀られているので、梯子で登って行きました。かなり角度が急で怖かったです。


d0006323_15251775.jpgd0006323_15261439.jpg

萬拝堂(右)で御朱印を頂いた時、和尚さんがいろいろ気さくにお話をして下さいました。

d0006323_15274274.jpgd0006323_15282424.jpg


d0006323_1546288.jpg
阿弥陀堂の前には、水琴窟があり、水が奏でる綺麗な音を聞くことができます。


平日ということもあり、参拝客は少なかったけれど、お堂一つ一つがやはり立派なお寺で、驚きました。
ここに有名なお坊さんがたくさんいらしたこと、いろんな宗派ができたこと、改めて1200年の歴史って凄いなと、思います。
時間制限があったため、バタバタと周ってしまいましたが、さすが由緒あるお寺でした。
しっかり御朱印も頂きました。


あと数日旅してたかったな。楽しい時はあっという間ですね。
[PR]
by meili_thc | 2014-04-01 23:18 | going out | Comments(0)
竜ヶ岩洞&方広寺
d0006323_16115976.jpg
家族で前から行ってみたかった、竜ヶ岩洞へ出かけてみました。

昭和56年にその洞窟の開発が始まったそうで、東海地方最大級だそうです。外観はすっかり観光地化されていて、ちょっとびっくりでした!

中は、こんな感じ。
石灰岩で自然に作られたオブジェがたくさん! 2億5千年前に作られた洞窟って本当に神秘的ですね…。
黄金の大滝では、きれいな水が降ってきました。コウモリもいましたよ。
d0006323_1675662.jpgd0006323_169891.jpgd0006323_1684067.jpgd0006323_1694171.jpg

見学時間は30分程ですが、開発のための探検や工事には、大変なご苦労があったことと想像できます。
子供も鍾乳洞は初めてだったので、良い体験になりました。

お昼は、駐車場側にあったほんまというお好み焼き屋さんへ。昔ながらのお好み焼き=遠州焼きだそうで、たくわんのみじん切りが入ってます♪ 
d0006323_16201042.jpg

ボリュームもあり、ふわとろで美味しかったです!!


その後、方広寺へ行きました。1371年、無文元選禅師(むもんげんせんぜんじ){=後醍醐天皇の皇子}が開いた禅寺です。
予備知識もほとんどなかったので、こんなに広いお寺だとは思わず・・・。
参道からの杉並木がすごく落ち着いた雰囲気で、心静かになります。
d0006323_16271352.jpgd0006323_1629511.jpg

d0006323_15411760.jpgd0006323_16325151.jpg
左:明治14年(1881年)、奥山大火の難を受けた後、幹の中が炭化したまま再生し130年以上の時を生き続けた大杉の切り株です。 近年、新たなパワースポットにもなっています。
右:五百羅漢と半僧杉(方広寺の鎮守様である「奥山半僧坊」の化身との言い伝えがあります)

15分位歩いたでしょうか? ようやく赤い橋がみえてきました。
d0006323_16293032.jpg


境内から本堂、他の建物を全部回るのも、かなりの広さ! 
d0006323_1630513.jpg
d0006323_16302983.jpg


階段を上って行く観月庵からはお寺が、三重塔からは町並みが一望できます。
d0006323_16305075.jpg
d0006323_15571482.jpg


今ちょうど、半僧坊の御開帳でした。
d0006323_16311281.jpgd0006323_16322570.jpg

半僧坊真殿と昇り龍


こんなしずかなお寺ですが、昨日は、秋の例大祭で、家康くん & ふなっしーが来たそうで・・・!! 大変な人込みだったそうです。
すごく見応えのあるお寺でした。


d0006323_16332118.jpg
山を下りてきて、あんまきを頂きました。奥山半僧坊の刻印入りです。分けて欲しいと言ったら、切ってくれました。
こしあんがたっぷりで美味しかったです♪
[PR]
by meili_thc | 2013-10-14 23:02 | going out | Comments(0)