日々の暮らしを綴ってます♪ by sonopi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
about
meili_thc こと sonopi の日々の記録を綴ってます。
好きなこと:手作り、自転車(ポタリング)、寺社仏閣巡りなど・・・。


N+手作りのある暮らし

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

ハンドメイド ブログランキング






カテゴリ
花柄のボトルカバー
ボトルカバーを作りました!
SugarとSalt用です。
d0006323_13202978.jpgd0006323_18544168.jpg
形は前に作った物と同じにしました。
前回同様、円形の底マチをつけるのが難しい。自立するかどうかが、ポイントです。

今回はポンポンを挟み込み、可愛くしてみました。
キルティングと薄手の生地を合わせてるので、厚みを考慮して裁断したのですが、ちょっと適当過ぎたかな?

カバー部分は、ハギレを利用したので、別々の生地を使いました。持ち手はしっかりした素材に改良しました。

水筒は毎日持っていくので、大活躍してくれると思います!

【cloth】とりい、TOKAI
【materials】とりい、レモン、ダイソー
【pattern】なし






作り方
材料:本体生地(厚地:キルティング等)、カバー生地(薄地)ひも、縁につける飾り(ポンポン、芯入りバイアステープ等)、持ち手用テープ、コードストッパー(布で作っても良い)

ミシン針は14号を使うこと!
1、生地を裁断
2、ロックミシンをかける3、側面生地の底と、切り替え生地にポンポンをつける。(ファスナー押さえ)
表生地に、ポンポンが付いていない方を縫い代側に向け、また、裏側を見せて縫い付ける。
4、側面生地を縫い合わせた後、側面生地の底と底マチを縫い合わせる。
5、切り替え生地の左右の端を縫い、輪にする。上下の端を二つ折りして、アイロンをかけておく。
6、カバー部分の生地を輪にして、上側は途中まで縫い合わせ、巾着状に始末する。
7、切り替え生地の飾りが付いた方と側面生地の上側を、中表にして縫う。
8、切り替え生地の飾りのない端とカバー部分を中表に合わせて縫う。(ロック)
9、切り替え生地を裏に折り返す。側面生地側の縫い代を挟み込み、表側から切り替え部分の上にステッチミシンをかける。(ファスナー押さえ)
※注意厚みが出るので、ゆっくり縫う。
10、切り替え部分に持ち手を縫い付ける。
11、カバーの巾着部分にヒモを通し、コードストッパーをつけてから、ヒモを結ぶ。
[PR]
by meili_thc | 2017-09-28 22:32 | handmade | Comments(0)
<< ファミリーヒストリー 山中伸弥 パールとジルコニアのS字ネックレス >>